アイアイは悪魔なのか?見た目が怖くて絶滅の危機にある

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本では童謡で有名なアイアイ。

誰でも一度は「ア~イアイ♪」と歌い、

名前の可愛らしさに親しみを持ったことでしょう。

 

歌は「ア~イアイ♪……(なんやねん?)……おさ~るさんだよ~♪……(ああ、猿か)」

と教えてくれる親切仕立て。

 

その後も軽快に「ア~イアイ♪」を挟みながら

「南の島の」「尻尾の長い」「木の葉のおうち」「お目々の丸い」

とアイアイの特徴を挙げていくだけの、やっつけ仕事みたいな歌です。

 

 

歌だとアイアイはかなり可愛い印象の動物なのですが、

実際は出会うと怖い悪魔のような猿なんです。

 

1・悪魔の使いと呼ばれている理由は?
2・グロテスクな長い指
3・さらに怖いジャイアントアイアイ

 

<スポンサードリンク>

悪魔の使いと呼ばれている理由は?

 

童謡にあるアイアイの特徴は全部本当。

 

より正確にいうなら、

アフリカの孤島マダガスカルの局地にいて、

体長よりも長く太い黒々とした尻尾で、

夜な夜な樹上をうろつく夜行性の原始猿で、

飛び出したような丸い目をしています。

 

 

たしかに歌詞は間違ってない……。

 

 

さらに補足すれば、

コウモリかネズミのような顔、

横に張り出した大きな耳、細く長い手足の鉤爪、黒い体毛。

 

 

アイアイの発見者は最初、リスかネズミの仲間と思ったそうです。

 

あまりに正体不明のいびつな姿。

実物はお世辞にも可愛いとはいえません。

 

いや、むしろ不気味です!

歌のイメージで本物を見た幼児は絶対ギャン泣きします!

 

 

photo credit: makitani アイアイ@上野動物園 via photopin (license)

 

「可愛いは正義」だとすれば「ブサイクは悪」

アイアイはこの見た目がとにかく悪すぎなのです。

 

そんな醜悪な姿が災いして、

現地では不吉な動物」「悪魔の使い」とまで呼ばれる、

忌み嫌われる動物扱いなんですね。

 

 

アイアイにはもうひとつ、

歌詞にない特筆すべき特徴があります。

 

異様に長い、手(前肢)の中指です。

 

奇形といっていいほど気味の悪い中指こそ、

アイアイ最大の武器であり、人間に恐怖を与えている特性のようなのです。

 

<スポンサードリンク>

 

グロテスクな長い指

 

長い中指は、アイアイの採餌時に威力を発揮します。

 

この中指で触診のように木をコツコツ叩き、

効率よく中にいる虫などを探し出すんです。

 

 

それをほじくりだすのも中指。

 

長く細いので奥まで漁れるわけ。

 

まさに進化の妙だと思いませんか?

 

 

 

他の動物には見られないアイアイの特徴ですが、童謡では歌われていません。

 

作詞の人も

「中指な~が~い♪……って、ないわァ……」と思ったんでしょう。

 

 

素晴らしい特性なのに、

ただでさえ不気味なアイアイに、この長い中指は最悪の組み合わせです。

 

マダガスカルは迷信深い人が多く、

アイアイの中指に指されると死ぬと今も信じられています。

 

 

僕はこういう突き抜けた進化は個人的に好きなのですが、

ほとんどの人には不評のようです。

 

まあ、見た目の怖いアイアイが、

悪魔的な長い中指で夜中に木を叩いている様子が、

死神じみて見えるのは仕方ないでしょうか。

 

 

唯一、アイアイが人間に好かれそうな部分を挙げれば、

40cm程度、体重3kgという赤ちゃんサイズの大きさでしょうか。

 

抱っこしやすいかな~と……(したいかどうかはともかく)。

 

昔はもっと大きなアイアイもいたようなんですが。

 

 

さらに怖いジャイアントアイアイ

 

アイアイ科アイアイ属は、今のアイアイ一種しか存在していません。

 

2.000年前には同じマダガスカルに、

今のアイアイより2~2.5倍もあるジャイアントアイアイがいたそうです。

 

容姿は現存のアイアイと変わらなかったらしく、

でかい分ますます可愛くないですね。

 

 

大きくて不気味だったからこそ目立って、人間に殺されて絶滅したのでしょう。

 

アイアイは好奇心も強く、人に寄ってくる性格だとか。

 

悪魔みたいな生き物がフレンドリーに近づいてきたら、

恐怖はかなりなものだろうし、その恐怖が迫害に繋がるのも世の習い。

 

魔女狩りってやつですね。

 

 

現存のアイアイも姿から悪魔扱いで殺されて、

森の開発によって生息地も減少し、絶滅に瀕しています。

 

マダガスカルでもやっと保護に乗り出していますが、

まだまだ個体数が増えたとはいえないようです。

 

<スポンサードリンク>

 

アイアイの怖い見た目の秘密~まとめ~

 

ところでアイアイは日本でも見られるのは上野動物園だけという、

パンダよりも希少な動物って知ってましたか?

 

人気がないので、パンダほどの懸命な保護もされていません。

 

 

パンダを見るのに上野で行列に並ぶのもいいですが、

僕は動物が好きなら絶対にアイアイも見てほしいと思っています。

 

歌のおかげで日本はアイアイ愛(アイ多すぎ)

の下地もあるし、

意外と今なら「キモ可愛い」と受けることもあるかもしれない。

 

 

数さえ増えてくれれば、

性格は温和で人懐こく、いいペットになりそうなんですがね。

 

<スポンサードリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください