アロサウルスVSティラノサウルス!時期や特徴の違いも解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジュラシックパークといえばティラノサウルス。

 

登場シーンもわくわくしましたけど、

映画のラスト、

ゲストハウスのホールで「俺がティラノだ!」

と言わんばかりに、雄叫びをあげながら見栄を切るシーンは最高でした。

 

しかし実際のところ、

ジュラ紀にティラノサウルスはいなかった….。

 

 

ジュラ紀に恐竜界の頂点を極めていたのは、

アロサウルスでした。

 

アロサウルスこそが、

ティラノサウスルスより9000万年も前に、

北アメリカを支配していた、ジュラシックパークの王様だったのです。

 

1・アロサウルスとティラノサウルスの違い
2・アロサウルスとティラノサウルスは戦ったらどっちが強い?

 

<スポンサードリンク>

アロサウルスとティラノサウルスの違い

 

一時期アロサウルスは、

ティラノサウルスの先祖だと考えられていたことがありました。

 

しかし現在では、全く別の系統だとされています。

 

 

アロサウルスは1億5000万年程前の、

ジュラ紀後期の大型肉食恐竜。

 

そしてティラノサウルスは、

6600年程前の白亜紀末期に絶滅した、

最後の恐竜のうちのひとつです。

 

 

生きていた時期が、ほぼ1億年も違うのには驚かされます。

 

最古の人類と言われるアルディピテクスと、

私たちホモサピエンスとの時代の差が約500万年ですから、

途方もない年代の差です。

 

 

しかし種類は別でも、

同じ獣脚類の仲間ですので、その食性は肉食で、

同時代の他の草食恐竜を食べて暮らしていました。

 

両種ともハンターらしく立体視ができ、

嗅覚が発達している上に、そこそこ足も速かったようです。

 

 

ただ頭骨を見ると、ティラノサウルスの方が目も鼻も良かったようで、

後脚の比率もティラノの方が長くなっています。

 

しかしアロサウルスは、

嗅ぎ分けられる臭いの種類こそ少なかったかもしれませんが、

ワニと同等の視覚と嗅覚を持っていました。

 

現在のワニから想像すれば、

その能力の高さが分るのではないでしょうか。

 

 

この2つの恐竜の一番分りやすい違いは大きさでしょう。

 

アロサウルスの標準サイズは約9m、

ティラノサウルスは12と言われています。

 

体重もアロサウルスの推定体重は約2トン、

ティラノサウルスが6トンです。

 

 

またアロサウルスの噛む力は、

ライオンやアリゲーターぐらいと想定されていますが、

ティラノサウルスはその6倍はあると考えられています。

 

まともに組めば、

圧倒的な体力差でティラノサウルスの勝利です。

 

<スポンサードリンク>

 

アロサウルスとティラノサウルスは戦ったらどっちが強い?

 

しかし実際はどうなのでしょうね。

 

もちろん体格の差は明らかですから、

戦いのルールが同じならティラノサウルスが勝つでしょう。

 

トンと軽く押されただけで、

アロサウルスは吹っ飛ぶでしょうし、

ひと咬みされれば、骨まで砕かれてそれでアウトです。

 

 

自然界では、弱い種が強い種に戦いを挑むことはありませんから、

仮に同じ時代に生きていたとしても、この戦いは現実的ではありません。

 

ただし、アフリカのサバンナでは、

たまにライオンがハイエナを追い詰めることがあるように、

争いが起きることはあり得ます。

 

 

その時アロサウルスはどうするか?

 

実はアロサウルスには、

強力な武器が3つありました。

 

身の軽さと鋭い歯、そしてアゴの力です。

 

 

体重が軽いということは、

逆に小回りが効いて素早く動けるということです。

 

そしてアロサウルス特有の、薄くて切れ味の良いナイフのような歯は、

噛めばあっという間に肉を引き裂きます。

 

さらにそのアゴの力は、弱めとはいえライオン並みなのですから、

肉を食いちぎるには十分です。

 

 

つまり、アロサウルスがティラノサウルスに勝つための作戦はただひとつ、

ヒットエンドランとなりますね。

 

 

もちろんティラノサウルスもかなり機敏に動けるはずですし、

脳も大きく視覚も勝っています。

 

しかし生き物ですから、噛まれれば血が出ますし、

柔らかい腹部を囓り取られれば、そのダメージは相当なものです。

 

すぐに倒れることはなくても、繰り返し噛まれれば当然弱っていくでしょう。

 

 

アロサウルスが、ティラノサウルスを食べたいと思って戦うかどうかは疑問ですが、

後でそっと戻ってきて、美味しくいただこうとはするでしょうね。

 

もっとも、

ティラノにどこか噛まれていなければのお話ですが。

 

<スポンサードリンク>

 

アロサウルスは恐竜の理想型~まとめ~

 

アロサウルスとティラノサウルスを比べて思うのは、違いよりその類似性です。

 

9000万年という長い時間をかけているのにも関わらず、

ティラノサウルスは、アロサウルスと同じような形に進化していきました。

 

同じ先祖を持つせいもあるでしょうが、復元図を見ただけで両者を言い当てるのは、

よほど恐竜に詳しい人でないと難しいでしょう。

 

 

アロサウルスは肉食恐竜の理想型、と言えないまでも、

獣脚類は改良を加えながらも、基本の姿を忠実に守り続けていきました。

 

ティラノサウルスは恐竜の中でも、

生きていた時期は後期に分類され、最後の恐竜とも言われていますしね。

 

9000年もの生きていた時代の差がありながら、

見た目が似ているというのは凄いことのように思います。

 

 

もしアロサウルスが、

遠い遠い親戚の子供のティラノに会ったとしたら、彼に何と言うでしょう?

 

「わお!凄いじゃん!」

 

そう言ったでしょうか。

 

 

そんな想像をしてみるのも楽しいですね。

 

 

関連記事

ティラノサウルスの最新学説が鱗に覆った!羽毛説はもう古い

 

<スポンサードリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください