ドードー鳥の絶滅理由は人間の非常食!日本にも来日していた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんはドードーという鳥を知っていますか?

 

17世紀に絶滅してしまった鳥ですが、

「不思議の国のアリス」にも登場し、最近だとドラえもんの映画に出たり、

「けものフレンズ」で女体化されたりしているので、

知ってる人も多いでしょうか。

 

今はもう見られない絶滅種ってわりには、

二次元のおかげで知名度だけはけっこう高い。

 

 

ところがこのドードー鳥、

現実では骨と羽毛がわずかに残っているだけで、

きちんとした記録もほとんどなく、実は謎の多い鳥なのです。

 

今回は不思議なドードー鳥の謎に迫りながら、

絶滅種へのノスタルジーを感じてもらえたらと思っています。

 

<スポンサードリンク>

 

ドードー鳥ってどんな鳥?

 

アニメで見るように、

ドードーの姿は七面鳥のイメージに近かったと考えられています。

 

大きさは1mくらいもあって、かなりでかいです。

 

体重も20kgあったそうで、完全に飛ぶ気を捨てています。

 

 

事実、羽は退化して飛べません。

 

といって、ダチョウのような機動力があるかといえば、それもない。

 

 

ついでに警戒心も薄く、攻撃のための武器もない。

 

 

ここまで無能だと、むしろ潔さまで感じます。

 

ドードー鳥のいた、

アフリカ・モーリシャス島には天敵もいなかったんですね。

 

現代日本の「ゆとり」とか「平和ボケ」に通じるものがあるかも。

 

 

まあ、楽園のような島で、ドードーはの~んびり平和に暮らしていたわけです。

 

 

しかし、平和は永遠ではないのである。

 

16世紀になると、

ドードー鳥の暮らす南洋の平和な島に、

最凶最悪の生物がやって来るようになりました。

 

ここからドードーの運命が急転直下してしまうことになるのです。

 

<スポンサードリンク>

 

絶滅理由は?

 

時は大航海時代!

 

コロンブスのような一発屋や、海賊王になりたいような連中が、

大西洋に漕ぎだすようになると、

僻地の孤島モーリシャスにも人間が上陸するようになったのです。

 

 

しかも、長い海上生活で肉に飢えている。

 

大きな七面鳥みたいなドードー鳥が見逃されるはずがありません。

 

 

ドードーはあまり美味しくなかったそうですが、

塩漬けして保存食にすれば、

船上で食べるには十分。

 

飛べない、のろまな鳥がターゲットになるのは、必然でした。

 

 

さらに、人間と一緒に、

島にはいなかったイヌやネズミも入ってきて、

ドードー鳥が襲われるようになります。

 

飛べないドードー鳥は巣も地上に作るしかなく、

卵も雛も襲い放題だったんですね。

 

 

ドードーは全部で3種いたらしいんですが、

それからたった150年足らずで全て絶滅します。

 

「人間ひどいわ~」となるか、

「ドードー貧弱すぎだろ」となるかは意見が分かれるところですかね。

 

僕にも答えはわかりません。

 

 

このような経緯で,

ドードー鳥は発見から絶滅までの期間が短く、

ヨーロッパでも実物を見た人は少数だったといいます。

 

絶滅から200年もたった19世紀中ごろまで、

ドードー鳥は存在なんかしていなかった!

 

与太話だと思われていたくらいです。

 

 

そんな貴重なドードー鳥を、アジアの果ての、

日本人が見ていた可能性がある、

といったら、あなたは驚くでしょうか?

 

 

ドードー鳥が江戸時代に来日?

 

「幻のドードー鳥が日本に!」

 

こんな記録が最近発見されました。

 

東スポじゃなく、ロンドン自然史博物館の研究家が、

新たに発見された文書から立証したものです。

 

 

文書によると、

「1647年、日本の出島にドードー鳥が送られ、生きたまま到着した」らしい。

 

当時のモーリシャスはオランダ領、

オランダ人の多かった長崎出島に送られても不思議はない。

 

急激に数が減ったドードーは島外に持ち出された数も少なく、

野生のドードーは1681年に目撃されたのが最後ですから、

日本に来たのは島外に持ち出された、

ほぼ最後の個体だったとも考えられるのです。

 

 

長旅の末にたどり着いた日本で、

そのドードー鳥がどうなったかは定かではありません。

 

見世物になったのか……焼き鳥か……。

 

 

日本得意のもったいない精神で、

どこかに骨でも残っていれば素晴らしいことだと思うんですが。

 

でも、ドードー鳥と日本が江戸時代に繋がっていたというのは、

なんともいえぬ浪漫を感じます。

 

<スポンサードリンク>

 

ドードー鳥の絶滅理由と特徴~まとめ~

 

ドードー鳥はぬくぬくの環境で、特殊な進化を遂げた生物です。

 

生存に必要な能力のすべてを捨てた、退化という甘ちゃん進化です。

 

 

そんなドードーに、イケイケの大航海時代という現実は、

過酷すぎたのかもしれません。

 

平和と進化って実は並び立たないのかもしれない……

と僕は思ったりします。

 

 

ドードーは模擬のはく製や骨格標本があるだけで、

それを見て思いを馳せるしかなくなってしまいました。

 

この愛すべき鳥が、人間と出会って滅びてしまった歴史は、

いろいろ考えさせられることです。

 

<スポンサードリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください