ハリスホークの価格と費用!餌や飼い方の注意点も解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

翼を広げれば1メートル以上、

白と黒の扇のような尾羽が映える猛禽、

ハリスホーク。

 

哺乳類以外では珍しく、

集団で狩りをし、獲物を分け合うという、社会性を持った鳥です。

 

大きな鷹が群れをなして飛ぶ光景は、

勇壮であると共に、優雅でもあります。

 

 

和名はモモアカノスリですが、

日本でもハリスホークといった方が通りがいいようです。

 

その名の由来は、

鳥好きにとっては神ともいうべき存在、

オーデュボンと言う人が、友人の名をつけたものです。

 

 

そんな友情の証を名前に持つ鳥は、

社会性を持つがゆえに、よく人にも馴れます。

 

社会性の強い動物である犬が、人に馴れるのと同じですね。

 

 

そのため海外では、バードストライク防止のために、

空港で小鳥を散らす役目をしたり、鷹狩り用に飼われていたりします。

 

テニスで有名なウィンブルドン大会の会場でも、

ハトを追い払うために使われているんですよ。

 

 

猛禽類で、そこまで人に馴れる鳥は少ないですから、

ハリスホークは、飼育したい猛禽として人気が高いんですね。

 

最近は日本でも、徐々に人気が高くなってきています。

 

 

ではハリスホークを飼うにはどうしたらいいのでしょうか?

 

そんな疑問にお答えしていきましょう。

 

1・ハリスホークは初心者に向いてるの?
2・価格と初期費用は?

3・どこで飼えばいいの?注意点は?

 

<スポンサードリンク>

 

ハリスホークは初心者に向いてるの?

 

とてもよく人に馴れますし、

雛の頃から育てれば、鷹匠のように手の上に乗せる事も可能なハリスホーク。

 

猛禽にしてはさほど大きくはないですし、

飼いやすさはまさに初心者向きだといえますね。

 

 

ただし、さすがに金魚のように簡単にはいきません。

 

何も知らないで飼い始めると、間違いなく戸惑いの連続でしょう。

 

 

とはいえ、同じ猛禽類でも、

フクロウに関しては飼育についての本も多く出ていますが、

ワシタカ類となるとだいぶ限られています。

 

ですので、ここでは、これからハリスホークを飼いたいと思っている初心者の方に、

知っておいて欲しい、基本的な事柄について説明したいと思います。

 

 

まずエサについてですが、猛禽類は当然肉食です。

 

野生では野ネズミや野ウサギ、小鳥などを餌にしています。

 

 

ですからハリスホークのエサは、そういった動物の生肉なのです。

 

犬や猫のように、加工された餌ではありません。

 

 

日本でハリスホークを飼っている方は、

ラット、ヒヨコ、ウズラなどを餌にしている方が多いようですよ。

 

下の動画はラットを与えている動画なんですが・・・

本当に観覧注意です。

 

結構グロイので、苦手な人は見ないようにしておきましょう。

 

 

生餌には抵抗があるせいか、

冷凍のウズラ肉をあげるのが一般的だと思います。

 

ですが本来は、

鳥類に特有なペリットという、

未消化物を吐き出すのを促すために、鳥の羽も与える必要があります。

 

 

鳥類、特に猛禽類は食べたもので、未消化の部分を吐き出さないとまずいのです。

 

それをペリットと言うんですね。

 

 

野生でしたら、捕獲した鳥の羽とか、ネズミの毛とかと一緒に吐くのですけど、

飼っていると、ペリットの材料になる羽とか毛のない肉片を与えてしまうので、

消化できないものは、そのままためこんでしまうのです。

 

当然、鳥の健康に悪い。

 

だから、飼っている鳥には、わざとエサに羽を加えるんです。

 

 

それと、絶対に生体のウズラじゃなきゃダメ!

って事もないですからね。

 

もちろん生体でもいいんですが、

(生きたヒヨコやマウスをエサにしている人もいます)

それが嫌な人は、冷凍のウズラ肉に、プラスで時々羽を与えないとまずい、

という意味です。

 

 

エサがウズラと言われても、ウズラなんて卵しか知らないという方も多いでしょう。

 

おそらくエサ代が気になっているのではないでしょうか?

 

実はウズラは案外安くて、

一ヶ月1万円もかからない筈です。

 

 

ほっとしましたか?

 

でも、お金の話が出たので、

そもそもハリスホークって、どれくらいするの?

他にかかる飼育費用は?

と気になってしまったのではないでしょうか?

 

<スポンサードリンク>

 

価格と初期費用は?

 

さて、ハリスホークの価格はどれくらいでしょうか?

 

ペットの価格は、

手に入りやすさと、人気によりますから、流動的です。

 

野生のハリスホークは、

この50年で62パーセント減少し、

更に毎年2パーセント減っているようです。

 

 

ですがブリーダーも多く、価格は安定していて、

アメリカでは雄が800ドル、雌が1000ドルほど。

 

日本では少し高くて、

およそ20~30万円程度で販売されているようです。

 

それならば人気犬種のトイプードルと、さほど変りませんね。

 

 

犬と違って、ハリスホークは予防接種の必要はありませんし、

届け出などもいりません。

 

 

他に必要となるのは、まずハリスホークをつないでおくため台座です。

 

ハリスホークの大きさですと、

ファルコンブロックと呼ばれる、ハヤブサ用のもので大丈夫です。

 

 

後は、犬でいえば首輪に当たる足輪(アンクレット)、

リードに当たる足皮(ジェス)、

更に長いリードに当たる紐(リーシュ)があるといいでしょう。

 

 

ファルコンブロックが2万円程度、他がまとめて1万円といったところですから、

餌代などを含めても、

初期費用は5万円くらいで済みます。

 

かなりリーズナブルに飼えますね。

 

 

どこで飼えばいいの?注意点は?

 

いざ、ハリスホークを手に入れて、さてどこで飼えばいいのか?

 

鳥小屋は?

 

一軒家でないと無理?

 

 

いろいろと疑問が生じる事でしょう。

 

基本的にはマンションでも十分に飼えます。

 

ただし、

ハリスホークは寒さに弱い鳥です。

 

 

ネットを見ると、マンションのベランダで飼っている、という方もいます。

 

ですが、本来は寒さに弱い鳥なので、

西の方でも、冬の気温が低い地域では、

屋内で飼う方がいいでしょう。

 

 

野生では20年前後、飼育ならば30年近くも生きるというハリスホークです。

 

人生のかなり長い時間を一緒に過ごすのですから、

せめて小屋くらいは用意してあげて欲しいと思います。

 

 

注意点すべきは、

よく人に馴れるといっても、あくまでも飼い主に従順なのであって、

誰にでも馴れるという事ではありません。

 

特に雛から育てたハリスホークは、

刷り込みによって飼い主を親のように思っています。

 

また社会性があるというのは、独自の階級付けがあるという事ですから、

しつけを失敗すると、大きく甲高い声で鳴き続け、

近所迷惑になる可能性がありますし、

飼い主に近づくものを攻撃する事もあります。

 

 

猛禽は爪が鋭く、握力がとても強い危険な鳥です。

 

野生の猛禽が人を襲うことはまずありませんが、

人が育てたり餌付けをしたりした場合には、それが起こり得ます。

 

 

また犬や猫と違い、鳥類はまだ十分に研究がすすんではおらず、

案外わからない事が多い動物なのです。

 

このように注意すべき点はありますが、

ペットを飼うには必ず何らかのリスクがあります。

 

ですから、それを知ったうえで責任を持って飼う事が重要です。

 

<スポンサードリンク>

 

ハリスホークを飼うという事~まとめ~

 

猛禽類を飼う楽しさを教えてくれるハリスホーク。

 

初心者でも十分に育てられますし、費用も特別に高くはありません。

 

 

訓練すれば、猛禽らしい狩りの姿を見せてくれます。

 

きっと長く愛せるパートナーになってくれるでしょう。

 

 

どんな動物でもそうですが、

知識と責任を持って育てなければ、

問題行動を起こしますし、

飼い主もペットも、共に不幸になります。

 

幸いハリスホークはブリーダーも増えていますし、

飼育の先輩や購入先の方に、アドバイスをしてもらいながら育てるといいでしょう。

 

それを守れば、ハリスホークは最高の家族になってくれる筈です。

 

 

関連記事

オウギワシは猛禽類最強と名高い!握力は最強で全てが高水準

クマタカの生息地は森林!絶滅危惧種で現在1800羽

 

<スポンサードリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください