ベルツノガエルの飼い方と手順!大きい個体の方が飼い易い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近頃、人気に火がついた感もあるペットの新鋭、

ツノガエル。

 

ぼってりした体が、マカロンというか、

サンダーバード2号機というか、

愛嬌のあるジャバザハットというか、

とにかく丸~い感じがキュートでしょうがない。

 

 

その可愛さにキュンとして、衝動的に買っちゃう人も続出なんだとか。

 

中でも飼いやすいとされるベルツノガエルがよく売れています。

 

 

といっても初心者には、

「どうやって飼うの?」「餌は?」

「何が必要?」

とわからないことも多い。

 

そこで今回は、ベルツノガエルの飼育についてまとめてみました。

 

1・ベルツノガエル基礎知識
2・飼育の前に
▶ 水槽
▶ 水だけでも可
▶ 土のある環境作り
3・餌
4・注意
▶ 掃除
▶ 乾燥
▶ 誤飲

 

<スポンサードリンク>

 

ベルツノガエル基礎知識

 

最初にベルツノガエルのお勉強をさらっと。

 

ベルツノガエルは南米原産。

緑色の体に黒い斑紋、ちょっとオレンジも混ざった色合い。

 

ツノガエルの特徴、目の上部がちょっとトンガっています。

 

 

大きくなるとオスは10cm、メスは12cmにもなり、

寿命も10年以上。

 

捕食は待ち伏せ型で、

土に体を埋めて獲物が来たらパクリ

(地蜘蛛みたい)。

 

そんな生活なもんで、泳ぐのも跳ねるのも苦手という、

しょうもないカエルです。

 

 

まあ、こんなダメっぷりも好ましく、おとなしくて飼いやすいのですが、

いざ飼育となるといろいろ注意点もあります。

 

 

次は飼育環境を考えてみましょう。

 

 

飼育の前に

 

ベルツノを南米まで捕まえにいくのは大変ですから、

ショップで買うことになります。

 

値段は3,000~5,000円でしょう。

 

 

3cmくらいのはちっちゃくて可愛さ倍増しですが、

初心者には5cm以上のものを、

おすすめします。

 

ある程度大きくなった個体のほうが生命力も強く、後々困ることが少ないんです。

 

<スポンサードリンク>

 

水槽

 

ベルツノガエルを入れる容器は、

水槽でもプラスチックの飼育ケースでも構いません。

 

飼育ケースのほうが扱いやすいですかね。

(安上がりだし)。

 

 

一匹なら20cmの大きさでじゅうぶん。

 

蓋ができれば、高さも特には要りません。

 

 

下にパネルヒーターを敷き、

25℃くらいを維持できるようにしましょう。

 

カエルのために20℃以下、35℃以上にしないでください。

 

 

水だけでも可

 

さて、水槽環境ですが、

ベルツノガエルは水を入れただけでも飼育は可能です。

 

でも、僕的にはその飼い方はあまりおすすめしません。

 

水だけだと汚染しやすいし、

ベルツノガエルも身の置き場がなくて、

途方に暮れているように見えるのです。

 

 

なにより水だけじゃ面白くない!

 

なるべくベルツノガエルの故郷に近い環境を作ってやるのが、

長生きさせるコツでもあります。

 

だからって、カエルの前でサンバでも踊ればいいわけじゃありませんよ。

 

 

土のある環境作り

 

やはりベルツノガエルが自然でやっているように、

潜れる底土はあったほうがいいと思います。

 

床材にウールマットを使う人も多いようですが、

殺菌されているものなら、ソイルでも赤玉土でもOKです。

 

ある程度土中にバクテリアが繁殖するほうが

水が汚れにくいのです。

 

 

潜れるだけ土を敷き詰めたら、水が土の少し上になるくらい入れます。

 

深すぎるとベルちゃん溺れちゃいますから。

(どういうカエルなんだ)。

 

 

水草は水を浄化してくれるので、入れたいところですが、

ベルツノガエルに潜られると抜けてしまうので、なければなくていいし、

ミズゴケなどを置いておくだけでもいいですね。

 

熱帯魚水槽によく入れる、石や流木は必要ありません。

 

 

これで住処は完了しました。

 

次は問題の餌やりです。

 

 

 

ペットは餌やりが楽しい作業なんですが、

ベルツノガエルの餌はコオロギやメダカ、

ピンクマウスなどです。

 

生餌に抵抗のある人もきっといるでしょうね。

 

ベルツノガエル用の人工飼料もあるけれど、

慣れさせるのが大変だし、

人工飼料ばかりでは栄養も偏るので、

生餌も与えたいところです。

 

 

小さいうちはコオロギ、餌用ゴキブリ、メダカ、金魚などを食べさせます。

 

やるといくらでも食べちゃいますから、与えすぎは禁物。

 

 

週に2回くらいにしてください。

 

両生類はその頻度で問題なしです。

 

 

死んでいるものならピンセットで挟み、顔の前で動かしてやります。

 

直接口に与えたほうが、一緒に砂などを飲み込んでしまわなくて安心と思います。

 

 

大きいツノガエルにはピンクマウス

(毛なしのもの)

2ヶ月に1回ほど食べさせるといいようです。

 

ちょっとグロい仕事になりますが、

ベルツノガエルのために頑張りましょう。

 

慣れるとどうってことなくなります。

 

 

餌さえ食べてくれれば、飼育はほぼ問題ないでしょう。

 

最後に注意点について書きます。

 

 

注意

 

ベルツノガエルはそこまでデリケートではありません。

 

それでも気をつけたいところはあります。

 

掃除

 

水草や土を使った飼育なら一週間、

水だけやウールマットの場合は、3~5日に一度を目安に、

掃除と水換えをしてあげてください。

 

ベルツノガエルの排泄物や食べ残しを放っておくと、飼育環境が悪くなり、

病気になることもあります。

 

 

人間だって、ゴミ屋敷に住んでたら体調悪くなりますよね?

 

飼育は「世話をすること」なのですから、

面倒臭いと思っちゃいけません。

 

 

乾燥

 

水温が上がる夏、暖房を使う冬は、

水分が蒸発しやすく、ベルツノガエルも乾燥気味になります。

 

お腹が水に接していれば問題ありませんが、

それ以上減ると「お肌が……」となっちゃいます。

 

 

これも人間と同じですね。

 

カエルが乾燥しないように水を補充するなり、

霧吹きをかけてあげるなり、気をつけてあげましょう。

 

 

誤飲

 

ベルツノガエルは食いつきのいいカエルです。

 

むしろ、食いつきが悪かったら、

病気のサインと思ってください。

 

気になったものは、なんでもパクリとやってしまいます。

 

 

そこで問題なのが誤飲。

 

口に入るものなら、

石でもウールマットの欠片でも飲み込んでしまうので、

飼い主さんも「キャーッ!」でしょう。

 

 

でも、それほど心配はいりません。

 

よほど大きな固形物でもない限り、

ほとんどは排泄されるようです。

 

 

ま、それでも飲み込まれて困るようなものは、

置いておかないほうが賢明でしょうね。

 

 

特にウールマットは掃除のしやすさが利点ですが、

誤飲して排泄されず、

腸閉塞を起こすこともあるらしいです。

 

一週間ほど見守り、

排泄されなかったり、ベルツノガエルの体調が悪いようなら、

動物病院で診てもらってください。

 

 

飼育で大切なのはよく観察することです。

 

お腹が異常に膨れすぎている、足が赤っぽくなっているなどは、

病気の可能性が大です。

 

手間のあまりかからないベルツノガエルですが、

普段からよく見ておいてあげることが、

ペットを飼うことの責任感だと僕は思うわけです。

 

<スポンサードリンク>

 

ベルツノガエルの飼育法~まとめ~

 

ベルツノガエルの飼育についておわかりいただけたでしょうか?

 

こんな記事を書いておいてなんですが、

もし「面倒そうだな」と思ったら飼わないほうがいいでしょう。

 

 

よく「ペットは家族」というけれど、

僕は「友達」くらいでいいと思っています。

 

特に感情がないカエルは、

本当に好きな人じゃないとシンパシーは湧きません。

 

 

また、初心者が思っているほど、

カエル飼育は楽ではないのです。

 

ショップで衝動買いをする前に、

カエルと友達になれるか考えてください。

 

それから、家にベルツノガエルを迎えるかどうか決めても、

遅くありませんからね。

 

<スポンサードリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください