軍隊アリが最強と言われる理由とVS最強候補の生物達

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子供の頃に読んだ本に

「最強の生物は軍隊アリ!!!」

と書いてありました。

 

迫りくる軍隊アリの群れに向かって、

松明(たいまつ)を持ったオッさんの絵が描いてあって、

「軍隊アリだ!火で防げ!」

みたいな文句があったことも覚えています。

 

 

それ以来、僕の頭にも

「軍隊アリは最強生物」

と刷り込まれているんですが、

「いやいや、いくら数が多くたってアリはアリでしょう」

とも思うのです。

 

 

そこで今回は、

軍隊アリは本当に強いのか調べてみました。

 

僕が信じ続けてきた、

軍隊アリ最強説が覆ってしまうのでしょうか……。

 

1・最強といわれる理由
2・軍隊アリVS

▶ VSアリクイ
▶ VSピューマ
▶ VS装甲生物
▶ VSヒアリ
▶ VS空中戦
3・天敵テキサスホソメクラヘビ

 

<スポンサードリンク>

 

最強といわれる理由

 

軍隊アリ属はいくつかあり、

その中のサスライアリという、あまり害のない種は、

日本の西表島にもいるのですが、

この記事で取り上げるのは、

アメリカ大陸に生息する、攻撃性の高い軍隊アリです。

 

軍隊アリが最強といわれる理由は、以下の通り。

 

 

大きさ

 

1.5~2cm。女王アリは5cm。

 

アリとは思えないサイズです。

 

 

機動力

 

巣を持たず、群れが時速1kmで移動し続ける。

 

気性は荒く、行軍の先にいるものはどんな動物でも襲う。

 

川は、アリが連なって橋や筏状(いかだじょう)

になって渡る。

 

 

兵力

 

数十万~二千万のアリが、フェロモンで意思統一され、

群れの長さは20mにもなる。

 

 

組織力

 

働きアリには階級がある。

 

軍隊の守備(メジャー)、

獲物の運搬(サブメジャー)、

狩り(メディア)、架橋隊(マイナー)の4つ。

 

ちょっとカッコいいぞ。

 

 

武器

 

クワガタのような巨大なアゴと、

蜂のような毒針を腹部に持つ二刀流。

 

 

結束力

 

女王と幼虫を死守。

 

でも女王が死ぬと、軍隊はバラバラになる。

(野良アリになるのかな?)

 

 

……どうやら軍隊アリの強さは、

「強力な武器を持ち、女王の下に統率のとれた、怖いもの知らずのミニ大軍」

ってことに由来するようですね。

 

ミニといっても、

家畜の牛馬や、人の子供を襲って殺したなどの逸話もあるので、

最強の名に恥じないことは確かなようです。

 

 

そうなると、

軍隊アリはどんな相手にも勝てるのか気になるところ。

 

次項では、

机上でいろいろな敵と戦わせて、勝敗を予想してみたいと思います。

 

<スポンサードリンク>

 

軍隊アリVS

 

軍隊アリがいくら強くても、

どんな生き物にも勝てるとは信じられません。

 

例えば、

アリの天敵アリクイなんか、

軍隊アリなど動く食料にしか見えないはずです。

 

 

VSアリクイ

 

第1ラウンドからアリには嫌な相手です。

 

この戦いは、

アリクイの捕食ペースと、アリの散開作戦の勝負となります。

 

 

「おっ、アリや。食ってやる」

と、アリクイが長い舌で数十匹のアリを捕獲。

 

「俺たちが食われている間にコイツやってまえ!」

と、舌に巻かれた兵隊アリが叫ぶ。

 

 

アリクイに次々とアリが群がり、

アリクイの食べるスピードが追いつかない。

 

足や背中を大アゴで噛まれて、軍に多少の被害は出るものの、

アリクイは「もうあかん」と逃走するでしょう。

 

軍隊アリがまず勝ちます。

 

 

VSピューマ

 

アメリカ大陸最凶の肉食獣、

ピューマはどうでしょうか?

 

迫る軍隊アリに、ピューマは、

「あいつら小さくてオイラの爪と牙が役に立たないんだよな~。食っても腹の足しにならないし。面倒臭いから逃げるわ」

となるようです。

 

 

これは、ライオンでもトラでも変わらないでしょうね。

 

ピューマの敵前逃亡で、軍隊アリの圧勝だと思います。

 

 

VS装甲生物

 

最強の矛には、最強の盾。

 

守りの固そうなアルマジロ、

皮膚の厚そうな、ゾウやサイならイケるのでは?

 

 

まずはアルマジロから。

 

「無理無理、背中固いけど、腹は弱いもん。アリは隙間から腹に入ってくる」

と勝負になりません。

 

 

では、ゾウやサイなら、大きな足で踏み潰せるでしょうか。

 

軍隊アリに大きな被害が出るとは思いますが、

ここでも数の力が物を言います。

 

生き残ったアリが反撃して、

皮膚の厚いゾウやサイも、やっぱり痛い思いをするのです。

 

 

踏み潰された多くの屍を乗り越え、

軍隊アリの辛勝となりそうかな。

 

 

VSヒアリ

 

ミニ軍隊には、

同じミニ軍隊をぶつけるのが一番。

 

例えば、

日本でも、近年騒動になっている凶暴なヒアリなどは、

いい勝負ができると思いませんか?

 

ヒアリは噛む力が強く、

火がついたように痛いところから、

火蟻と言われる程の殺人アリ。

 

 

勝てる!

 

本で見たオッさんも

「火でやっつける」って言ってたもん。

 

……と思って調べてみたら、

どうもヒアリは、アゴの力が強いだけで、

軍隊アリほどの攻撃性はないようです。

 

 

「殺人アリっていうけど、噛んで人を殺してるんじゃなく、アナフィラキシーショックで死んだ人がいるだけなんですよ」

と言い訳がましいヒアリの皆さん。

 

タイマンでは互角でしょうが、

軍としては軍隊アリのが練度高そう。

 

 

同規模の群れなら、軍隊アリがほぼ勝つと予想できます。

 

 

VS空中戦

 

これはもう、

スズメバチ兄貴に来て貰うしかなさそうです。

 

昆虫界最強の名をほしいままにしている、

黒と黄色の殺し屋集団。

 

 

最強の座を、

地ベタ這いずり回ってるアリンコ野郎に、

取られるわけにはいきませんよね?

 

 

軍隊アリVSスズメバチなら、

エイリアンVSプレデター並みの好カードではあるまいか。

 

「アリに対空武器はないし、楽勝だな」

と、余裕のスズメバチ。

 

 

でも、巣を襲われたらひとたまりもありません。

 

「白兵戦なら我らが勝つ」

と軍隊アリは言うでしょう。

 

 

この戦いは、どこを戦場にするかで勝敗が分かれそうです。

 

野外戦ならスズメバチ、

接近戦なら軍隊アリではないでしょうか。

 

 

やはり、軍隊アリ最強説は揺るがないのか……

と思った僕に、新たな情報が飛び込んできた。

 

軍隊アリには、

テキサスホソメクラヘビという天敵がいるというのです。

 

 

天敵テキサスホソメクラヘビ

 

軍隊アリの天敵、

テキサスホソメクラヘビとは、どれほど凄いのか。

 

さっそく画像を探して一言……

「ミミズやん!」

 

 

そこにあったのはどう見てもミミズ。

 

いや、よく見ると、

顔があるので確かにヘビなのだが、

パッと見は、ミミズか回虫にしか見えない、ヒモみたいなヤツ。

 

ラスボスの威厳など欠片もない。

 

 

ところが、このテキサスホソメクラヘビは、

軍隊アリの嫌がる物質を体から分泌し、攻撃されない。

 

そして攻め手がなく、

右往左往する軍隊アリを、パクパク食べてしまうのだそう。

 

 

なんと力の抜ける結末なのでしょう。

 

軍隊アリ最強説を検証してきて、

行き着いたのがミミズ……

じゃなく、ミミズみたいなヘビとは。

 

まあ、人生なんて、

期待を裏切られることの繰り返しなのかもしれないですが。

 

<スポンサードリンク>

 

軍隊アリ最強説と意外な天敵~まとめ~

 

軍隊アリの天敵は、

他にもアリジゴクやハキリアリなのだそうです。

 

アリジゴクはわかるけど、

ハキリアリはよく分からないが苦手なのだとか。

 

とはいえ、

どの天敵も、軍隊を殲滅させるほどではないので、

軍隊アリが最強でいいのかもしれません。

 

 

関連記事

アフリカゾウは最強か検証してみた!天敵と7種の象の違い

 

<スポンサードリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください