ウォンバットの性格がかわいい!日本ではペットに出来ない?

人間になつくを通り越して、人間にべったり過ぎるウォンバット!

 

可愛すぎる!

ペットにしたい!

実にこんな声が多い!

 

確かにあの可愛さを知ってしまたら、当然の現象といえば当然かも。

 

 

でも、実際のところどうなんでしょう?

 

ペットに出来るのでしょうか?

それとも動物園に行けば見れるのでしょうか?

 

人気急上昇中のウォンバットについて調べましたよ!

 

続きを読む

シュモクザメは人喰いザメなの?生態と日本で起きた事件

シュモクザメと聞いてどんなサメかイメージできる人はいますか?

 

撞木(しゅもく)とはトンカチのことで、

英語名はハンマーシャークと聞けばわかる人も多いはず。

 

そうです、頭が横に長く先端に目のついた、

一度見たら忘れられない形のサメです。

 

 

見た目はかわいらしいシュモクザメですが、

サメなんだから人を襲うのでは?

 

……実は、そうではないかも知れませんよ。

 

続きを読む

ホッキョククジラの寿命が解倍により判明!推定130歳

ホッキョククジラは北極海にはいない、ということをご存じでしたか?

 

実はホッキョククジラがいるのは、北極海よりもう少し南。

ベーリング海やチュクチ海にいるクジラなんです!

 

しかし、ホッキョククジラ以外のクジラは、

もっと南の方にいるため、

ホッキョククジラという少し大げさな名前を付けられてしまったんですね。

 

 

さて、ホッキョククジラは他のクジラと同様、

季節によって海を移動する、回遊という行動をします。

 

しかし、他のクジラは赤道近くまで行くこともあるのに、

ホッキョククジラの回遊する範囲はとっても小さいのです。

 

 

ベーリング海付近に行かなければ見る機会のないホッキョククジラ。

まず気になるのは、どれくらい長生きなのか?

 

そして、なぜそんなに大きいのか?

 

クジラについて勉強しながら、その疑問を解決していきましょう!

 

続きを読む

アメリカシロヒトリの成虫の駆除法!生態を利用して一網打尽

幼虫が葉を食い尽くして、

樹木をみすぼらしくしてしまうアメリカシロヒトリ(アメシロ)。

 

その被害はサクラやリンゴなどの落葉樹を主に、100種もの樹木に及びます。

 

毛虫が大量発生して、植物被害だけではなく、

家の軒下などに固まっていることもあり、

さらに室内にまで入り込んで……と、

虫嫌いの人にとっては阿鼻叫喚を引き起こす嫌な相手ですね。

 

 

以前、幼虫の駆除について、

___アメリカシロヒトリの幼虫の駆除法!ケース別でいくつか___

 

を書きましたが、今回は成虫の駆除です。

 

幼虫を産みつけられる前に、成虫を片づけて元を絶ってやろうというわけ。

 

まずは成虫の生態、習性を学んで、どんな対策があるのか考えていきましょう。

 

続きを読む

アメリカシロヒトリの幼虫の駆除法!ケース別でいくつか

初夏から秋にかけて、樹木に甚大な被害を与えるアメリカシロヒトリ。

 

1~1,5cmほどしかない小さな蛾ですが、

第二次大戦後に北米から世界中に広がり、

日本でも東京から本州全土、四国、九州と勢力を広げ、今では北海道でも見られます。

 

 

通称は「アメシロ」

 

とにかくどこにでも大量発生し、

田舎以上に都市部での被害が顕著というのも特徴でしょう。

 

 

特に幼虫は極悪です。

 

無毒で、人体に害はないのですが、木が丸裸にされるほどの大食漢。

 

さらに見た目がグロい、

集団で固まって気持ち悪い、家にまで侵入してくる……

 

 

とてもほっとけませんよね?

 

 

今回はアメシロ幼虫とその駆除について徹底的に解説します!

 

続きを読む

アイアイは悪魔なのか?見た目が怖くて絶滅の危機にある

日本では童謡で有名なアイアイ。

誰でも一度は「ア~イアイ♪」と歌い、

名前の可愛らしさに親しみを持ったことでしょう。

 

歌は「ア~イアイ♪……(なんやねん?)……おさ~るさんだよ~♪……(ああ、猿か)」

と教えてくれる親切仕立て。

 

その後も軽快に「ア~イアイ♪」を挟みながら

「南の島の」「尻尾の長い」「木の葉のおうち」「お目々の丸い」

とアイアイの特徴を挙げていくだけの、やっつけ仕事みたいな歌です。

 

 

歌だとアイアイはかなり可愛い印象の動物なのですが、

実際は出会うと怖い悪魔のような猿なんです。

 

続きを読む

アマゾンのカワイルカはピンク?色の秘密と現地の伝説

アマゾンカワイルカ――アマゾン川に生息する、まんまな名前のイルカですが、

別名はピンクイルカ。

 

本当にピンク色のイルカなのです。

 

可愛いイルカ+可愛いピンクとなれば、

ある意味チートな生き物といえるかも。

 

 

事実、人気沸騰のイルカで、

スマホの待ち受け画像をピンクイルカにすると

運気がアップという、

嘘臭い話まで広まっています。

 

まじないはともかく、

実際に見られるのは稀で、確かに出会えたら僥倖という流れ星的な存在なのです。

 

続きを読む